インプラント治療とは何か

インプラント治療とは、歯がない場所にチタン製のねじを歯の根の代わりに入れる治療で、ねじを顎の骨に埋め込み、それを人工の歯の根としてその上に補綴物をはめ込みます。 この治療法は、すべて自費負担であり、比較的金銭面での負担が高くなる治療法なのです。しかし、他の歯に負担をかけることなく治療することができる、また見た目がより天然の歯に近くかつ使い心地の良いことがメリットとなっており、多くの人がこの治療を受けています。

インプラント治療について

インプラントは歯が抜けてしまったところへ再び歯で噛めるようにするために顎の骨に金属を埋没させて今ある歯と橋渡しをして詰め物をいれて足りない歯を補い自分の歯のように変わらずに使うことができますが、それは一生使えるものでもないですし、また誰でも行える治療ではありません。ご自身の口の中の衛生状態はもちろん体全体の健康状態や、顎の骨の骨密度などの状態によっては行えない場合もあります。行える診療所もまだまだ限られ、また高額治療でもあります。

↑PAGE TOP