インプラントのメリットとデメリット

インプラントは、適切なメンテナンスを行うことで、長持ちさせることができます。他の入れ歯やブリッジと比べると、手術を行う必要があることや、費用が高いというデメリットもありますが、入れ歯やブリッジよりも長持ちで、天然の歯に負担をかけるわけでもなく、一本から治療できます。また、他の治療と比べると天然の歯に近い審美性があり、噛む力が他の治療法と比べるとしっかりと伝わるため、よく噛んで食べることができるようになります。

インプラントの治療の流れ

インプラントは、歯を失ったところに、手術によってチタン製のネジを埋め込みます。手術の前には、レントゲンやCTなどで、正確な診断が欠かせません。手術は局所麻酔で行うので、日帰りで自分の脚で帰ることができます。ネジが骨と結合するまで数カ月待ち、その後ネジの上にセラミックの人工歯を装着して治療は終わります。数カ月に1度、定期健診をすることで、噛み合わせやクリーニングを行い、長期的に良く噛めるようにします。

↑PAGE TOP