インプラント治療のデメリットとは

インプラント治療は、歯周病や虫歯で歯が無くなってしまった状態の際に人気のある治療方法ですが、メリットだけでなくデメリットもある治療方法です。その理由としては、インプラント治療は自由診療ですので、治療費が多くかかります。また、治療期間が1年以上と長く、歯を作る土台を作るために手術が必要となります。それに、糖尿病の治療中の方や成長過程にある若年者は、治療を受けることか不可能です。また、定期的にメンテナンスを行わなければいけないことも、デメリットの1つです。

↑PAGE TOP