インプラントに入院が必要か

インプラントの治療を受けるためには手術が必要になります。部分麻酔で行えるもので、1~2時間ほどの時間で終わります。多くの場合は、入院することなく日帰りの手術で行うことができますが、全身疾患などで管理が必要な場合は入院することもあります。インプラント自体は、意識のはっきりした状態の部分麻酔で行うことができますが、恐怖心が強い場合には、笑気ガスといって、神経を和らげる働きのあるガスを吸うことでリラックスして治療を受けるようにすることもあります。患者さんのお口の状態によっても治療法は大きく変わります。

入院なしでできるインプラント

インプラント治療は、入院をしなくても治療をすることが可能になっています。局所麻酔を利用して治療を行うことがほとんどであり、手術が終わった後に、普通に動けるようになる状態に戻るまで、あまり時間がかからないため、安心できます。インプラント治療は、1日だけ仕事を休むだけで手術をすることが可能になっています。仕事に影響をほとんど与えなくても治療をすることが可能であり、だれでもよい歯を手に入れやすくなっているため、人気が高まっています。治療をすることができるクリニックが増加傾向にあり、良い環境を選びやすくなっています。

↑PAGE TOP