インプラント手術で入院や期間は

インプラントは日帰り手術で行なわれますので入院の必要はありません。ネジ状の金属を歯茎に埋める手術を行ない、皮膚を縫合させてしっかり歯茎に定着させるのに、数ヶ月の期間を要します。その後、義歯との接合させるアバットメント器具を取り付けるための頭出しが行なわれ、上から義歯を被せます。手術が日帰りですが、全てが完成するには個人差がありますが4ヶ月から半年は要します。歯茎の状態が良く早急にしてほしい場合は、金属とアバットメントが一体化したものを用いて手術を行なう場合もありますが、感染症などの心配もありますので、インプラント手術では一般的に2回の方法で行なわれています。

インプラントは入院の必要無し

インプラント手術は日帰りで行ない入院の必要はありません。1回法と2回法があり、歯茎に金属を埋めて皮膚を縫い合わせて定着させる2回法は、数ヵ月後に切開をして接合部分のアバットメントをつけた後上に義歯を装着します。1回法は埋め込む金属とアバットメントが一体化になっており期間も短くて済みますが、歯茎の状態が良いことが条件です。縫合してしっかり歯茎に定着させる2回法が主流になっています。いずれもインプラント手術日帰りで受けられ、術後の腫れや痛みも長くは続きません。手術の前には歯周病などがあれば治療してから行ないます。

↑PAGE TOP